コラム

column

中年からのダイエット。

  • 心の健康に関するコラム
  • 2020.05.20

中年からのダイエット。【心の姿勢美人への道~心のストレッチ】1337日目

三毛猫のんびりでいい

ダイエットは、相当の覚悟と努力が持続しないと、達成できないでしょうか?

短期間で集中して、極端なやり方で頑張ったダイエットは

リバウンドも早いのではないでしょうか。

グリーンハートエネルギーがある時は、太っていることが気になって仕方なくて

四角グリーン早く結果が出ないと、イライラしてモチベーションが保てず投げ出したくなって

結局あまり結果が出ないままやめてしまったり

四角グリーンすごく無理して頑張って、それでも思ったほど痩せなくて

逆に反動だけが激しくて、かえって太ってしまったり

四角グリーン一応結果が出たものの、同じダイエット生活を維持できないため

そのうちまた太ってしまったり

そんなことを繰り返すエネルギーがあります。

グリーンハートある程度年齢がいった人が、じわじわ痩せてキープしていることがあるのは

ダイヤグリーンそもそも長期戦だと思っていて、体調にも不安を抱えているため

「痩せる」というより「健康的な生活をして健康になる」という意識が強いからです。

ダイヤグリーン急激に無理なダイエットをするエネルギーがないだけでなく

それで体調を壊したらもとも子もないことを悟っているので

すぐに結果が出なくても、健康的な生活をしていること自体に満足感がある

体調も上向いてくるので、この生活を続けようと、モチベーションがじわじわ上がってきます。

病気をして痩せたり、消化吸収力が落ちたり

食べる量(食欲もエネルギーだ)が減って痩せたりすることがあるのも

中年以降の特徴かもしれませんが。

グリーンハート私も年齢からいけば、しっかり『中年』です。

ブルー音符エネルギーが落ちてきたことも感じるし

(省エネで効率よく活動できるので快適です)

ブルー音符太っていて何がなんでも気になる!という完璧主義エネルギーも疲れるから湧かない

ブルー音符早く痩せないと嫌!モチベーションが保てない!というエネルギーも湧かない。

時間がかかったっていい。

うまくいかなくてもいい(合わなかっただけ)。

持続可能な、自分に合った、健康・快適でいられる生活習慣が見つかったらいいな。

そんな、長期の感覚でいて

焦らなくなったのが、精神的にとても楽です。

余談ですが、普段行っているスポーツクラブに

大学2年生がインターンで来ていました。

すごく緊張した様子で、自己紹介していました。

そうだよね、緊張するよね。

学生は新しい経験が多いから、その都度緊張すると思います。

その一生懸命さがむしろ好印象でした。

逆に緊張しないオジサンみたいな学生がいたら、印象悪い(笑)

そうしてこまめに(緊張する)出せるエネルギーがあるのは、何だか、いいなぁ。

と、疲れた中年は思いました。

お問い合わせ・メッセージ