コラム

column

摂食障害だった私が、今、食欲が収まる時とは。

  • 心の健康に関するコラム
  • 2020.05.20

摂食障害だった私が、今、食欲が収まる時とは。【姿勢美人への道~イメージエクササイズ】2063日目

セキセイインコ青食欲が収まる時
食欲の秋でしょうか?
食欲が収まるのは、どんな時ですか?
私は以前摂食障害があり
食欲を否定したり我慢してきたりした時期と、反動で食欲が分からなくなりコントロールも利かなくなった時期がありました。
その後、食に執着のない元々の状態に戻ったのですが
特に食事を忘れるというか、逆に食べたくない時というのは
自然に触れた後
アウトドア(ヨガ)に行って来て
心身が満たされた後は、食事もナチュラル志向になります。
逆に、人工的な環境で、人口密度もストレスも高い場所にいると、人工的なもの、ジャンクなものを選んだりします。
休みの時
何をするでもなくゆっくり寝ていたり
好きなことに没頭していたりすると
お腹も空きませんし、食べたいと思いません。
食べることは、私にとってストレスに対応する行動のようで
仕事があると、それなりにストレスがかかるので、元気を出すために食べるというか。
日々の食費と、ストレス量が比例するので
食費の推移を見れば、心の状態を推し量ることができます。
逆にストレスが強すぎる場合は、ある点を境に
食欲が反比例していきます。

嬉しくて)興奮さめやらぬ時

この間、ボディステップイベントを行いました。

ブログに書きましたが、とても嬉しい記念のイベントで、普段のレッスン以上にテンションが上がりました。

イベントが終わった後は、なかなか興奮さめやらず

体力は使っているはずなのに、食欲が湧きません。

普段のボディステップレッスンの時も、少しそういう傾向があって

激しい運動をすると、交感神経が優位になり

それも嫌なストレスの方ではなくて、爽やかで高揚して、明るく元気が出る方の交感神経で

胃腸がストップ(胃腸の働きは、副交感神経によるもの)して、食欲はかえって収まります

イベントの日は、夜にヨガレッスンがあり

徐々にリラックスして平常に戻りました。

ヨガがあって良かった!

副交感神経は胃腸を動かすので、便通のためにもいいのです。

皆さんの今は、いかがですか?

お問い合わせ・メッセージ