コラム

column

「手首を痛めやすい」人のための、痛めないポイント☆

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2020.05.20

「手首を痛めやすい」人のための、痛めないポイント☆【姿勢美人への道~イメージエクササイズ】2077日目

犬手首を痛めない、手の意識の仕方
☑️手首を痛めやすい
☑️手首が疲れやすい
という方は、特徴的な体の使い方をしていることがあります。

体幹の力が抜けやすい

お腹の力が抜けやすく、腰が反ると

写真のように手を着いている場合

手首へかかる体重が重くなり、手首を痛めやすくなります。

手首・手指を伸ばす力が抜けやすい

すぐ上の写真は、手首が曲がっていますね。

手首を伸ばした方が、前に押す力は楽に強くできます。

手首を曲げて力を入れるクセがあると

手首への負担は大きくなります。

指の根元の意識が薄い

手の指は「水かき」の部分から始まっていると思うより

レントゲンを撮った時に分かる

指の骨の始まる部分(中手骨)からが指だと思って

「指」を広げて

物をつかんだり、押したりすると

手首は安定し、痛めにくくなります。

簡単ですが、効果的。

ぜひ、お試しくださいね。

お問い合わせ・メッセージ