コラム

column

ボーッとするから頑張れる。ちょっと一息つきませんか?

  • 心の健康に関するコラム
  • 2020.05.20

ボーッとするから頑張れる。ちょっと一息つきませんか?【心の姿勢美人への道~心のストレッチ】1362日目

ハイビスカス1分1秒が勝負、でも抜くところも大事

1年が早いわよね~

特に何もこれといった成果がないまま、また1年過ぎた気がする~」

「ボーッとしてるから、早いのかね~」

そんな会話をよく耳にします。

日々当たり前のように過ごせていることが、実は成果という気もします。

達成感を味わうほどではないのかも知れませんが、素晴らしいこと。

それと、忘れているだけで

色々頑張ったこともあるはずです。

忘れるから、1年が早いのでは。

スポーツ選手が、決戦の舞台に向けて

毎日の生活の1分1秒をどう過ごすかが、試合につながるので

試合のために、すべて考えてやっていきたいです。

でも、それだけだと固くなってしまうので

抜くところは抜いて、バランスよく。」

そんな話をするのを聞きます。

1日1日の、1分1秒の過ごし方が

1か月後、1年後の自分の因を作っているんですよね。

陸上競技部だった時、競技を意識して常に

イエローハート授業中の姿勢を正したり

イエローハートつま先立ちで歩いたり(笑)

イエローハート信号が青に変わる瞬間に反応して脚を動かしたり(スタートの練習)

イエローハート睡眠や食事に気を配ったり

していたものです。

その努力は、もう習慣になっていたので

普通のことで、辛いとか苦しいというより

ゲーム感覚というか、結構楽しんでやっていました。

イメージトレーニングもしました。

理想のパフォーマンスをして、試合で納得いく結果を出すイメージ

でも、いいイメージを持とうとすればするほど

自分が追い込まれる感じがして、必死というか

わざとやっている感じがして、これはあまり効果がなかったように思います。

「こうしなきゃ」ガチガチに自分を囲い込む

せっかく価値的に過ごしていい結果を出そうとする行動も

逆効果になってしまいます。

(イメージトレーニング自体を否定しているわけではなくて、私のやり方が合わなかっただけね)

試合などのために、生活を研ぎ澄ませていくのは大事だけれど

のびのびしている部分は必要

何のために競技をやっているのか

本来楽しくて、のびのびやっていたのではないか?

それが、あまり深刻になりすぎて

カチカチに追い込まれると

本来の自分がつぶされてしまったり

出しきれない力がくすぶってしまいます。

ボーッとしたり

全然別のことをしたり

趣味の音楽を聞いたり…

そういう抜く部分があると、競技の集中力が増すこともあるし

メリハリもつき、のびのびして、伸び代が戻ってきたりします。

そのあんばい、バランスが難しくて

失敗する選手もいますね。

スポーツに限らず、私達も

ガチガチに追い込むから結果が出るかというと

そうとも限らなくて

イエローハートボーッとするから頑張れるし

イエローハート好きな趣味があるから力が出る

そんな部分があると思います。

お問い合わせ・メッセージ