コラム

column

「ヨガがつらい」人へ。何も考えなくていいよ。

  • 心の健康に関するコラム
  • 2020.05.21
「ヨガがつらい」人へ。何も考えなくていいよ。【心の姿勢美人への道~心のストレッチ】1378日目
セキセイインコ黄ヨガは修行か?!リラックスか?!
ヨガを始めて間もないころ、ヨガ系のレッスンが苦手でした。
体が硬いからということではなくて
じーっとポーズをキープして耐えてる感じ
が苦手だったのです。
グリーンハートもともと私は陸上競技をやっていて
止まるよりも動く方が好きだったことと
グリーンハート体育会系なので、きついポーズも耐えなければいけない
できるなら、最後まで頑張ってやった方がいいと思っていたので
筋力を使って、じーっとしていることが、本当はつらくて
途中でやめたくなるのですが、やめないで頑張っていて
グリーンハート何が面白くてこんなに動きのないきついポーズを
皆はやっているのだろう?と思っていました。
しかし、今では
少しきつめのポーズであっても、気持ちよく続けています。
キープの時間は
耐えているというより、集中している・没頭している感じ
嫌ではないし、伸びて気持ちいいなぁ~と思っています。
ボーっとしていたり、眠かったりすることもあります。
瞑想というか、あまり何も考えていません。
耐えていた時は、いろいろ考えていたように思います。
・あと何秒かな?
・つらいな~、ポーズゆるめようかな
・でもできるから緩めちゃだめだ
・周りの人は涼しげにやっている…
それで、ヨガがつらくつまらなくなっていく。
バリバリ動く運動は、そうやって考える暇がないので
ある意味それが瞑想・無心になって、心の浄化になっていたのかもしれません。
ヨガは、頭であまりあれこれ考えず
体の感覚や呼吸を感じて、無理せずやっていいんです。
休みたかったら休めばいい。
それは「負け」じゃない。
自分の感覚を感じて、それを尊重できただけのこと。
そんな風に、うまく息を抜きながら
特に何も考えず、ぼんやりのんびり、やっているうちに
いつの間にか、ヨガが楽しく気持ちよくなっていました。
今の私たちにとって、ヨガは修行ではありません
ぼんやり無心になれる時間。
頭がすっきり、体がぽかぽか。
心地よいリズムの動きです。
お問い合わせ・メッセージ