コラム

column

「お腹は引き締めなくていい」理由とは。

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2020.05.21

「お腹は引き締めなくていい」理由とは。【姿勢美人への道~イメージエクササイズ】2120日目

うお座お腹を引っ込めると、息ができない
「腹筋が弱く、お腹も引き締めたいので
お腹を引っ込めるのですが
 
 
そうすると、息ができないんです。
 
 
そういう場合は、どうしたらいいでしょうか?」
そんな質問を受けました。
筋肉は連動しているので、一部(お腹)緊張していると
他の部分(肋骨周り)も緊張が伝わって、緊張して
息ができなくなるかもしれませんね。

で、私がどう答えたかと言うと

これらSUPに乗っている姿勢のような感じで

スクワットの体勢から徐々に立ち上がって

関節をすべて伸ばし切る直前(モンキー体勢)で止まります。

お腹はリラックスしていて、呼吸はしやすく、骨盤から背骨はまっすぐです。

腰を痛めることはありません。

ちょうどいい写真がなかったので

この↑写真を90度左に回転させて見てください。

これは、関節が伸びきっていますね(左股関節&膝、腰椎)

関節が伸びきって過剰に反った立ち方は

腹筋がゆるんで、腰を痛めやすいのです。

関節が、すぐに曲げられるような

少しゆとりを持たせておくと(えくぼを作る感じ)

リンパの流れも良く、お腹も呼吸で動きやすく

巡りがいいのです。

「お腹は引き締めなくていい」

最初は私もこれに、すごく抵抗がありました。

でも、それには姿勢が大事です。

バツブルーお腹を突き出した姿勢はNG

丸ブルー股関節や膝を若干ゆるめて、骨盤から後頭部がまっすぐな姿勢はOK

そうすれば、呼吸はできます。

姿勢はいいです。

体も楽で、痛めません。

実感していただければと思います。

お問い合わせ・メッセージ