コラム

column

「多めに買わないと不安」の心理~摂食障害の名残から

  • 心の健康に関するコラム
  • 2020.06.07

「多めに買わないと不安」の心理~摂食障害の名残から

 

 

イルカ多めにないと不安

 

「冷蔵庫の中身が少なくなってくると、不安なの~」

と言う話を、以前人から聞いたことがあります。

 

 

当時私はまだ摂食障害の名残があって

冷蔵庫はほぼいつも空っぽでした。

 

 

というのも、何かストックがあると

『食べ物が、手を付けていない状態で、手に届く範囲にある』

ということに、気づいている状態に耐えられず

 

 

目の前から消えるまで、食べないと、気が済まなかったからです。

お腹が空いているからとか、そんなことは関係なくて

食べ物が目の前からなくならないと、精神が落ち着かない。

 

 

これは、摂食障害(過食)の特徴ですね。

 

最近は、冷蔵庫が空ということはなく

何かしらストックを残すことはできるようになりましたが

 

 

スーパーに行くと、多めに買わないと不安があります。

 

 

『これだけ買って、もし足りないと感じたらどうしよう』

と、漠然とした不安があって、多めに買うのです。

 

 

買占めをするほど極端ではありませんが(笑)

 

 

これも、摂食障害の名残の一つかな。

足りない、もっと食べたいと思うことへの不安。

 

 

摂食障害は、もっと食べたいと思う気持ちがほんの少しでも芽が出ると

あっという間に拡大し、手に負えなくなってしまいます。

その恐怖を毎日毎日味わっていたからです。

それで、結構作りすぎてしまうのですが

多分、徐々に適量が分かってきて

少なめに買う感覚、少なめに買っても大丈夫、安心という風に

これから変わっていくのだと思います。

 

 

私が摂食障害や心の病を乗り越えてきた過程は拙著下矢印

『こころを磨くヨガ』現代書林

 

に詳しいです。よろしければご覧くださいね。

お問い合わせ・メッセージ