コラム

column

ゴロゴロしながらできるヨガ3選!シークエンス【動画付き】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2021.06.26

ゴロゴロしながらできるヨガ3選!シークエンス【動画付き】

こんにちは。美姿勢&ヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。

家に帰ったら疲れてゴロゴロしたい、でも何か体にいいこともできたらいいな、そんな風に考えたことはありませんか?

 

今回は、家でゴロゴロしながらできるヨガポーズで、全身をストレッチするシークエンス(一連のポーズの流れ)をご紹介します。

後で動画をつけますので、もし先に動画からチェックしたい方は、スクロールしてみて下さい。

 

①スフィンクスのポーズ

写真では片膝を曲げていますが、実際は両足を伸ばしていて構いません。

普段、デスクワークやソファに座り込むなどして縮こまりがちなお腹や胸をストレッチできるポーズです。

 

②上半身スフィンクス・下半身イグアナのポーズ

スフィンクスのポーズに続いて、上半身を変えないまま、右膝だけこの写真のように骨盤の横へ曲げてきます。

この写真はイグアナのポーズですので、上半身はスフィンクス、下半身はイグアナのポーズということになります。

 

③ワニのポーズへ移行

次は、ワニのポーズへ移行していきます。

右腕を前に伸ばして着き、左手は手のひらを上に向けて右腕の下をくぐらせます。

左肩と頭が床に着いて寝て、右腕を天井へと伸ばします。

さらに、右腕を背中側(後ろ)へと動かし、それに続いて肩や肋骨・背骨もついて行ってねじれます。

 

 

完成したワニのポーズはこちらの写真です。ゆっくりと深い呼吸を3~5回繰り返し、伸びになじんできたら

右腕を元に戻して、②に戻ります。

①に戻ったあと、左足で②~③を繰り返します。

では、動画でご覧ください。

 

イグアナのポーズでは、体の余分な力を抜いて、地面と一体化するイグアナになったつもりで。

ワニのポーズでは、腕や脚の重みを感じてリラックスしながら行います。

まさに、ごろごろするのにうってつけのポーズです。

 

しかも、イグアナのポーズの脚は、股関節や骨盤周りをストレッチし、ゆがみを防止します。

ワニのポーズも、肩から腰にかけて、背骨周りのゆがみを取り、肩こりや腰痛の原因の硬さを取り除きます。

どのポーズも、リラックスして呼吸を深く繰り返し、無理なく行いましょう。

 

レッスンで体験するならこちら⇒

DVD・書籍・電子ブックで見るならこちら⇒

お問い合わせ・メッセージ