コラム

column

食欲を抑える・痛みを和らげる呼吸法

  • 心の健康に関するコラム
  • 2011.12.14

 

☆食欲を抑える呼吸法☆

 

 

ガツガツ食べようという時も緊張している時も、夢中で忘れていますが肩が上がって力が入り、呼吸が浅くなっているものです。

 

 

そういう自分に客観的に気づいた時点で半分成功したようなものですが、肩の力をストンと落として深い腹式呼吸をします。上気してカッカしている状態から落ち着いて、食欲だけでなくイライラからくる頭痛や肩コリや緊張なども抑えられます。

 

 

イメージが大切なことを前回書きましたが、ストローから栄養いっぱいのスープを吸い込むように口から息を吸います。
そして息を止めてスープの栄養が全身に染み渡るイメージをします。
吸い込んで残ったカスだけ鼻から吐き出します。

 

 

☆痛みを和らげる呼吸法☆

 

 

寒さで筋肉が緊張し続けると固く凝って神経に触り、痛みを強く感じやすい季節ですね。
痛みのある患部に癒しの氣が引き付けられて、そこから息を吸うイメージで鼻から息を吸います。

 

 

息を止めて、患部から痛みの成分が口へやって来るイメージをします。
口から痛みの成分を吐き出していきます。
口から吐くと邪気が出ると言われます。腹式呼吸で行うとリラックスしてきてより効果的です。

 

 

↑「深い呼吸でからだが変わる」龍村修 参照
たかが呼吸?されど呼吸です!呼吸は心と体を変える大きな力を持っています。無意識を操る自律神経と関わりがあるからです。
まずは自分の呼吸や体を固く緊張させている部分に気づくところからスタートです♪

お問い合わせ・メッセージ