コラム

column

「1日3食」は体にいいか。【生活改善日記】681日目

  • 食に関するコラム
  • 2019.07.30

★★★「1日3食」は体にいいか★★★

普段、特に食べる時間を気にしていません。

1日3回、とも決めていません。

「今食べている、これは昼ご飯」などと、意識しません。

 

夜遅く帰ってきてから食べて、朝は特にお腹も空かないので食べない、ということが日常茶飯事です。

夜遅く食べるのは、良くないだろうな

という罪悪感は、なくはないですが。

 

しかし最近、病院で出された薬の処方が

「朝、昼、夜、毎食後に1包ずつ」

という指定だったため、一応時間を見て「朝、昼、夜」均等に時間を空けて食事をしてみました。

とは言え、朝は軽くスムージーか夜の残り物
各食場合によってはおにぎりだけとか、単品だったりするのですが

タイミングだけは意識してみました。

そうしたら、リズムがいいのか
●比較的朝から晩まで一定の気力体力を維持したり
●精神的にも割と安定した状態を保っています。

朝は、お腹が空かないのにお腹に入れるのは
あまり好まなかったのですが
(過食があった時、朝から食べると勢いづいてしまい、一日中過食が続いていたので、その記憶もあって)

今は、薬を飲まなくてもタイミングを意識するようにして
あまり食間が空きすぎたり、量や質にムラが出来すぎないように、と意識し始めました。

お腹が空いてから食べる
その時体が欲するものを食べる
それがいいと、しばらく思っていたのですが

1日3食であるかどうか、というより
一定のリズムで体に食を送ることで
心身を安定した状態で維持すること、これもなかなかいいものだな、と実感しました。

お問い合わせ・メッセージ