コラム

column

お腹にガスがたまる人の食事と腸内と性格。【生活改善日記】693日目

  • 食に関するコラム
  • 2019.09.01

お腹にガスがたまる人の食事と腸内と性格。【生活改善日記】693日目

◆パニック障害と腹のガス

久しぶりにパンをがっつりたくさん食べたら

その後お腹にガスがたまって、痛くなってしまった。

お腹にガスがたまる原因は、色々あって

●寒い季節は、冷えによってガスがたまるし

●人と一緒にいて、気を使って呼吸が浅くなっていると、ガスがたまることもあります。

●小麦粉を使った製品をがっつりいただくと、腸内環境を乱すと言われています。

腸脳相関、といって

脳で分泌されると思われている、精神に関係するホルモン

セロトニン、ドーパミン、アドレナリンなどは

腸でも作られ、分泌されています。

ですから

腸内環境を整えることは、精神を整えること

と言っても過言ではありません。

日本薬科大学学長の丁先生によると

漢方的にも、不安やパニック障害の人は、お腹にガスがたまると訴えることがあるそうです。

呼吸が浅く、気管ではなく胃腸の方に

知らないうちに空気を飲み込んでしまう人もいるようです。


私の対処法ですが

●急にお腹にガスがたまって痛くなった時は

市販の乳酸菌入りのガス止めを飲みます。

●パンなどの「がっつり小麦粉製品」を食べ過ぎないようにする。

●冷えに注意。特に脚は夏でも足首をガード。

●ストレスチェック。呼吸は浅くなっていないか?

ゆっくりお腹が動く、深い呼吸をする。

以上、思い当たることがある方は

チェックしてみて下さいね。

お問い合わせ・メッセージ