コラム

column

お腹にガスがたまる人の食事と腸内と性格。【生活改善日記】693日目

  • 食に関するコラム
  • 2019.09.01

お腹にガスがたまる人の食事と腸内と性格。


◆ パニック障害と腹のガス


 

パンを久しぶりにたくさん食べたら

お腹にガスがたまって、張って痛くなってしまった。

 

なぜお腹にガスがたまるのか、原因は色々で

●寒い季節は、体が冷えることでガスがたまるし

●人と一緒にいると気を使うので、呼吸が浅くなり、それでガスがたまることもあります。

●小麦粉を使った製品をたくさん食べると、腸内環境を乱すと言われています。

 


◆ 腸脳相関


 

腸脳相関、という言葉があります。

 

脳で分泌されている、精神に関係するホルモン

セロトニン、ドーパミン、アドレナリンなどは

腸でも作られ、分泌されています。

 

ですから

腸内環境を整えると、精神が整う

と言っても過言ではありません。

 

日本薬科大学学長の丁先生によると

漢方的にも、不安やパニック障害を抱えている人は、お腹にガスがたまる傾向があるそうです。

 

その理由の一つに、呼吸が浅く、知らないうちに

気管ではなく胃腸に向かって空気を飲み込んでしまうからだとか。

 


◆ 私の対処法


 

私の対処法ですが

●急にお腹にガスがたまって痛くなった時は

市販のガス止め(乳酸菌入り)を飲みます。

 

●パンなどの「思い切り小麦粉製品」を食べ過ぎないように。

●冷えないように。特に脚は夏でも洋服で足首をガード。

●定期的にストレスをチェック。呼吸は浅くなっていないか?など。

 

そして、ゆっくりお腹が動く深い呼吸を心がけます。

もし、思い当たることがある方は

どうぞチェックしてみて下さいね。

 

【関連記事はこちら】

副交感神経は、リラックスするだけではない!~病気を予防する理由とは。

腸の健康をセルフチェックしよう。

食べていないのに、なぜ太る?

 

▽▽オンラインレッスンはこちら▽▽

 

▽▽スタジオレッスンはこちら▽▽

 

お問い合わせ・メッセージ