コラム

column

脚の筋肉のバランスを整える『クセ取り☆ピラティス』【姿勢美人への道~イメージエクササイズ】1687日目

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2019.07.31

脚の筋バランスを整える

 

ももの前側ばかり張る
ももの外側ばかり張る

 

そんな方はいませんか?

 

そういう方に、ピラティスのショルダーブリッジをしてもらうと
十中八九「辛い、苦手」と言います。

 

膝が外側に向いて割れ
ももの前ばかりが使われてきつい
フォームになるからです。

 

ももの前側と、外ももに偏って
筋肉を使う癖があるため
負担がそこに集中して、ものすごくきついのです。

 

ショルダーブリッジをする時に
OKかかとで床を押し(もも裏・お尻の筋肉が使える)
OK膝の間にリンゴをはさんでいるつもりで
落とさずつぶさず、内腿の筋肉も使うように意識すると

 

もも前、もも裏、お尻、内もも、外もも
すべてバランスよく使うことができ

 

ももの前側や外ももばかりが辛い
ということがなくなります。

 

その意味でも、このエクササイズは
非常にバランスのいい、有効なエクササイズです。

 

筋肉の使い方の癖を正し
バランスのいい本来の状態を取り戻すために
ピラティスを利用してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・メッセージ