コラム

column

筋肉痛!筋肉がつる!~体からのポジティブなメッセージ☆

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2020.06.15

筋肉痛!筋肉がつる!~体からのポジティブなメッセージ☆


■筋肉痛や「つる」のは良くないこと?


「久しぶりにピラティスをしたら、お腹の筋肉がつって、後から筋肉痛にもなりました!
これって、体が何かダメだってことですか?」
質問をいただきました。
筋肉痛になったり、筋肉がつったりするのは
何か体に欠陥があるからでしょうか?いけないことでしょうか?


■筋肉痛や「つる」のは、神経を通って筋肉へ信号・指令が通ったということ


●初めてする運動では、逆に筋肉痛にならないこともあります。
それは、神経を通して使いたい筋肉にきちんと指令が届いておらず、刺激になっていないからです。
それが、何度か同じ運動を意識的に繰り返すうちに
どの筋肉を使って、どういう動きをするのかを把握して
神経を通って指令が筋肉にきちんと行き届くようになります。
そこで突然、筋肉痛になるのです。
●「つる」のは、過剰に信号(神経伝達物質)が送られ反応した
ということですが
ピラティスで腹筋を使って、お腹の奥が「つる」のであれば
それはきちんと腹筋を意識して使えた、刺激できたということでもあるので
特段悪いことではありません。
つらいですけどね。

ですから、筋肉痛になることや「つる」ことをネガティブに思ったり怖がったりせず
「筋肉が使えた!刺激できた!」とポジティブにとらえると、体も喜びます。
さらに運動を続け、適切なケアをしていれば
筋肉痛も、つることも、和らぎ無くなっていきます。

 

▽▽レッスンはこちら▽▽

▽▽オンラインレッスンはこちら▽▽

▽▽レッスン風景はこちら▽▽

▽▽お客様の声はこちら▽▽

国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
1970.01.01
国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
https://mitakureiko.com/voice/
国立、国分寺でヨガ・アウトドアヨガを始めたい方は「Repure BODY」へお越しください

 

国立・国分寺のヨガ教室RepureBODY 美宅玲子

お問い合わせ・メッセージ