コラム

column

腸はストレスを吸収する。

  • 食に関するコラム
  • 2020.05.20

腸はストレスを吸収する。【生活改善日記】692日目

羊腸とストレスの話

は、食べ物を消化吸収するだけの器官ではありません。

その多様で重要な働きについて、近年どんどん分かってきています。

ブルーハート『幸せホルモン』と呼ばれ、神経を興奮させるホルモンと、それを沈静させるホルモンの間に立って、バランスを調整する『セロトニン』は

腸で9割が作られています。

ブルーハート腸内細菌は、ストレスを吸収する働きがあることが、マウスの実験で明らかにされました。

腸内細菌を意図的になくしたマウスにストレスを与えると、腸内細菌がいるマウスよりも3倍ものストレスホルモンが出たというのです。

人間も、腸内細菌がストレスから健康を守ってくれている可能性が高い。

しかも、腸自身がストレスを調整するセロトニンを作っている。

ブルーハートまた、腸壁を保護し、免疫を活性化するIgAという物質があるのですが

それは、ストレスによって減ってしまうことが分かっています。

ストレスが強くかかると、免疫が落ち

腸壁など体の粘膜が弱って、風邪や感染症にかかりやすくなってしまう、ということですね。

ストレスによって、腸壁も影響を受け

腸の働きが不調になることは、自覚がある方も多いのではないかと思います。

ブルーハーツ摂食障害のころ、食べたものをとにかく早く体外に出すために、下剤を飲んだり

めちゃくちゃに食べたりしていましたが

ストレスが強く、いくら下剤を飲んでもまったく出ない便秘になったこともよくありますし

そういう時は、精神的にも不安定でした。

食事と腸のリズムが整うと、精神的なストレスも減り(その逆もありますが)

体調が落ち着いてきたものです。

腸にいい食事や呼吸法、生活は、ストレスにもいい。

ストレスを減らして、腸から健康。

お問い合わせ・メッセージ