コラム

column

関節がゆるいタイプ・締まっているタイプのメリット・デメリット!!【姿勢美人への道~イメージエクササイズ】1202日目

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2019.07.31

 

クラブ関節がもともとゆるい人、カチッとした人

 

体がもともと柔らかい人、硬い人は、やはりいるのでしょうか。

最近私が通っている柔道整復師さんは

「関節がゆるいタイプの人とそうでない人がいる」

と言います。

 

 

確かに、私がヨガレッスンで色々な人を見ていても、

初めてヨガをしてもハトのポーズが取れる人と、そうでない人がいます。

 

 

自分で何のストレッチもしていないのに、開脚が柔らかくできる人と

「体が硬くて痛いから、ストレッチは何もしていません。」という人がいます。

 

 

関節が硬い(周りの筋肉や靭帯などが締まっている)人から見ると

関節がゆるい人はストレッチが楽で、うらやましい(信じられない)と言いますが

 

 

関節がゆるいのも、いいことばかりではありません。

 

 

 

私は関節がゆるいタイプですが、

全ての関節・筋肉がゆるいわけではなくて、

一部の筋肉は硬くなっています。

 

 

それはなぜかと言うと、

サーチ足首のゆるさをカバーするために、すねの外側の筋肉が過剰に使われて硬くなっていたり

サーチ骨盤周りの筋肉のゆるさをカバーするために、股関節が硬くなっていたり

するからです。

 

 

そして、この硬さのアンバランスが『ケガ』につながります。

 

 

私が腰痛になったり、ねんざをしたり、足に負担がかかるのは

関節のゆるさからくるアンバランスが原因です。

 

 

私は、普通に歩いたり走ったり、ヨガのポーズを取ったりしても

骨盤が斜めになってしまうくらい、骨盤を支える筋肉や関節やゆるいのです。

 

 

だから、人よりも体幹の筋肉をしっかりと鍛えないと、ぐらぐらする骨盤を

安定して支えられないのです。

 

 

それを知らなかったので、陸上競技をしていた時は、腰痛をしょっちゅう起こしていました。

 

 

ずっと同じところがグラグラしていると、スプーン曲げと同じで、

そのうち折れてしまいます。

 

 

なので、関節がゆるいことは、いいことばかりではありません。

安定して体を支えるために必要な、筋力をつける必要があります。

 

 

逆に、関節周りが締まっている人は、ネジが締まった作品と同じで

とても安定しています。

ちょっとした運動や刺激にも、ぐらつくことはありません。

 

 

しかし、大きな衝撃や刺激には、しなりがないので

大けがにつながります。

 

 

だから、「ストレッチをした方がいい」と言うのですね。

お問い合わせ・メッセージ