コラム

column

パフォーマンスを上げる【あごの引き方】体幹が引き締まり姿勢が良くなる【動画あり】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2022.02.28

パフォーマンスを上げる【あごの引き方】体幹が引き締まり姿勢が良くなる【動画あり】

こんにちは。美姿勢&ヨガ・ピラティスインストラクター美宅玲子です。

緊張した時、運動していて疲れてきた時…パフォーマンスが下がる時にはたいてい「あごが上がり」ます。

あごが上がると、肩がすくんで力みやすくなり、体幹の力が抜けて、姿勢が崩れます。

呼吸が乱れ、浅くなり、不安定になります。

ですから、高いパフォーマンスを維持するためには「あごを適度に引いておく」ことが大切です。

今回は、パフォーマンスを高く保つための「あごの引き方」をご紹介します。

 


▼目次

① 腹筋の力とあごの位置の関係

② 腹筋運動(上体起こし)のフォームとあごの位置

③ 正しいあごの引き方

 


① 腹筋の力とあごの位置の関係

あごも腹筋も、体の前側にあり、深い筋膜のつながりがあります。

あごを上げることは、お腹につながる筋膜の長さを伸ばすことになり、腹筋が緩みます。

あごを引くと、お腹につながる筋膜の長さを縮めることになり、腹筋が引き締まります。

 

また、スポーツをしていて疲れてきたり、スピーチで緊張したりすると、あごが上がり

首の後ろや肩など、後ろ側の筋肉が縮み、前側の筋肉が緩みやすくなって、腹筋の力が抜け

そのことで体幹を支える筋肉のバランスが崩れ、姿勢が崩れ、姿勢を維持できなくなって

ますますパフォーマンスが下がってしまいます。

 

逆に、あごを引いて肩の力を抜いた場合は、腹筋に適度な力が入り

体幹を支える筋肉がバランスよく使われ、姿勢が維持されることで、パフォーマンスが上がります。

 

② 腹筋運動(上体起こし)のフォームとあごの位置

頭を手で支えて上体を起こす腹筋運動の、ありがちな間違いは

反動を使うなどで、無理やり首を曲げるように頭を引っ張ることです。

首を曲げる意識を強く持つことで、逆に腹筋の力が抜けてしまいます。

 

みぞおちを恥骨に近づける、肋骨同士を寄せる、おへそを背骨の方へ近づける、胃を引っ込める…

体幹の筋肉を意識して使うことで、首の余分な力が抜けて、正しいフォームで上体起こしができるようになります。

 

③ 正しいあごの引き方

正しいあごの引き方の目安は、あごと鎖骨の間に「トマト」「桃」「卵」をはさんで落とさないような

曲げすぎず、上げすぎない、柔らかいあごの使い方と位置です。上体起こしをする際も同様です。

ほんのりあごの下を意識して、空間を維持しながらあごを引いてみてくださいね。

 

 

お問い合わせ・メッセージ