コラム

column

【股関節ストレッチ】負担が少ない前後左右開脚|体幹トレーニングもできる方法【動画あり】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2022.04.11

【股関節ストレッチ】負担が少ない前後左右開脚|体幹トレーニングもできる方法【動画あり】

こんにちは。美姿勢&ヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。

股関節をストレッチするとき、痛みや負担が少ない方法を取りたいと思いませんか?

今回は、体重があまりかからない、負担の少ない股関節開脚ストレッチ方法と、同時に体幹トレーニングもできる方法を、動画付きでご紹介します。

 


▼目次

① 壁を使った股関節開脚ストレッチ

② 壁を使った脚のストレッチ&体幹トレーニング


 

① 壁を使った股関節開脚ストレッチ

《前後開脚》

壁に向かって立ち、片足裏を壁につきます。

必ずしも高く上げる必要はなく、かかとが浮いても構いません。

骨盤をまっすぐ壁に向け、体重を前にかけたり緩めたりを繰り返します。

 

床の上で股関節を前後に開いて体重をかけるよりも、関節への体重のかかり方が少なく、関節への負担が少ない方法です。

 

《左右開脚》

壁に体を横に向けて立ち、片足裏を壁につきます。

必ずしも足を高く上げる必要はなく、かかとが浮いても構いません。

股関節を外に開いた状態で、膝を上に向けて行いましょう。

体重を壁の方にかけたり緩めたりすることを繰り返します。

 

床の上で左右に開脚して行うよりも、体重のかかり方が少なく、関節への負担が少ない方法です。

 

② 壁を使った脚のストレッチ&体幹トレーニング

※写真は前屈していますが、前屈は必要ありません

《前後開脚》

壁に向かって立ち、できるだけ脚を伸ばして、片足裏を壁につけます。

必ずしも高く足を着く必要はなく、かかとが浮いても構いません。

床に立った足裏と壁に着いた足裏、両方とも床と壁をよく押します。

 

押すことで、ストレッチが深まるだけでなく、ヒップや体幹に力が入るようになり、体幹トレーニングにもなります。

 

※写真は体側を伸ばしていますが、伸ばさなくても構いません

《左右開脚》

壁に横向きになって立ち、片足裏を横の壁につき、両脚ともよく伸ばして壁や床を押すようにします。

余裕があれば、壁に向かって上体を倒し、体側を伸ばします。

 

▼動画

https://youtu.be/26mHrOc4u4g

 

押すことで、ヒップや体幹の筋肉に力が入り、脚のストレッチになるだけでなく、体幹トレーニングにもなります。

いかがでしたか?壁を使うことで、関節への負担を減らしながら、股関節を開き、脚をストレッチし

体幹やヒップのトレーニングもできる方法でした。どうぞお試しください。

 

▽▽レッスンはこちら▽▽

▽▽オンラインレッスンはこちら▽▽

▽▽レッスン風景はこちら▽▽

▽▽お客様の声はこちら▽▽

国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
1970.01.01
国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
https://mitakureiko.com/voice/
国立、国分寺でヨガ・アウトドアヨガを始めたい方は「Repure BODY」へお越しください
お問い合わせ・メッセージ