コラム

column

ヨガインストラクターが教える【正しい開脚と前屈】|骨盤の方向・筋肉のバランスを良く【動画あり】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2022.05.12

ヨガインストラクターが教える【正しい開脚と前屈】|骨盤の方向・筋肉のバランスを良く【動画あり】

こんにちは。美姿勢&ヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。

『開脚や前屈が、きれいにできるようになりたい』そう思っている方は多いでしょう。

早く柔らかくなりたいと思って、無理やり引っ張ってストレッチをしたり、自己流のフォームでストレッチを繰り返したりしていると

筋を痛めてしまい、かえって硬くなってしまうこともあります。

今回は、開脚や前屈をするうえで大切な『骨盤』のポジションについて、動画付きで解説します。

 


▼目次

① 前屈をする時の骨盤

② 開脚をする時の骨盤


① 前屈をする時の骨盤

前屈をする際、骨盤のポジションにおいて大切なポイントが2つあります。

● 一つ目は【骨盤を、上体を倒す方向へ向ける】こと。

写真の場合、伸ばした足の方向へ、確実に骨盤を向けることです。

そこがあいまいなまま前屈をすると、筋肉の柔軟性がアンバランスになります。

 

● 二つ目は【骨盤から上体を前に倒す】こと。

膝が曲がってもいいので、骨盤から背骨をまっすぐに保ち、鼠径部に「折り目」をつけるように

折り紙を折るように、骨盤から前に倒します。

折り目を適当にして背骨を丸め、無理に引っ張ると、腰椎の間に負担がかかり、腰を痛める原因になります。

 

② 開脚をする時の骨盤

前後開脚についてお話をすると、骨盤を完全に前足の方向へ向けることが大切です。

斜めに向けていると、前後に開く筋肉の柔軟性がなかなかつきません。

やわらかい部分をさらに伸ばし、硬い部分は動かさずに、ストレッチを続けることになり

筋肉のアンバランスさを助長することになります。

 

 

開脚をする時と、前屈をするときは

・膝は曲がってもいいので

・骨盤を正確な方向へ向けることを優先して

行いましょう。

 

あまり前屈や開脚が深くできなくても、遠回りのようでいて実は安全で、近道です。

どうぞお試しください。

 

▽▽レッスンはこちら▽▽

▽▽オンラインレッスンはこちら▽▽

▽▽レッスン風景はこちら▽▽

▽▽お客様の声はこちら▽▽

国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
1970.01.01
国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
https://mitakureiko.com/voice/
国立、国分寺でヨガ・アウトドアヨガを始めたい方は「Repure BODY」へお越しください
お問い合わせ・メッセージ