コラム

column

『隠れ反り腰』とその原因・対処法!【姿勢美人への道~イメージエクササイズ】1610日目

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2019.07.31


『隠れ反り腰』になっていない?


 

反り腰の姿勢は、お尻とお腹を突き出したアヒルのような姿勢で、腰を痛めやすいものです。

 

実は、一見お尻を突き出したように見えなくても

『隠れ反り腰』になっている人は多くいます。

 

スマホの画面を見て、首がシャワーヘッドのようになり

お腹の力が抜けて、腰骨を前にスライドしてお尻が垂れた、あの立ち姿勢です(写真左)。

 

骨盤を前にスライドすると、腰が詰まり、反った状態になります。

 

反り腰にしても隠れ反り腰にしても、

 

お腹の力が抜け

腰が緊張し

膝が過伸展し

ているため、

 

衝撃に弱く、体はゆがみ、首は凝り、腰は痛み

便秘や下痢になる方もいます。

 

■膝が過伸展しないように、若干膝をゆるめて

■尾骨や座骨をかかとの方へ下ろし

■仙骨を立ててお腹を薄く意識しておく

 

反り腰トラブルを防ぐことができます。

 

▽▽レッスンはこちら▽▽

▽▽オンラインレッスンはこちら▽▽

▽▽レッスン風景はこちら▽▽

▽▽お客様の声はこちら▽▽

https://mitakureiko.com/voice

国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
1970.01.01
国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
https://mitakureiko.com/voice
国立、国分寺でヨガ・アウトドアヨガを始めたい方は「Repure BODY」へお越しください
お問い合わせ・メッセージ