コラム

column

【あばらが出る】肋骨が開き・腰が反る人のための、姿勢改善エクササイズ【動画あり】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2021.12.06

【あばらが出る】肋骨が開き・腰が反る人のための、姿勢改善エクササイズ【動画あり】

こんにちは。美姿勢&ヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。

痩せているわけではないのに、肋骨が広がってあばらが出やすい。

腰が反りやすく、緊張している。

そういった姿勢が気になる方はいらっしゃいますか?

今回は、肋骨が開き、腰が反る人のための、原因と対策エクササイズをご紹介します。

 


 

▼目次

①「肋骨が開く」目安はどのくらい?

②肋骨が開く・腰が反る原因

③肋骨を「寄せる」呼吸エクササイズ

 


 

①「肋骨が開く」目安はどのくらい?

「肋骨が開いている」というのは、みぞおちから左右の肋骨下端のなす角度が90度以上になっている状態を指します。

骨格的に、女性より男性の方がもともと角度は広いです。

皆さんはいかがですか?

 

②肋骨が開く・腰が反る原因

肋骨が開くのは、息を吸ったままの状態にしている姿勢に似ていて、交感神経が優位になり、緊張しやすいタイプです。

肋骨が開くと、背中は緊張して背骨が反ります。腹筋は緩み、コントロールがしにくくなり、腰が反った状態になりやすいです。

 

③肋骨を「寄せる」呼吸エクササイズ

開いた肋骨を寄せ、緊張した背中をゆるめ、反った腰を戻すための「呼吸」エクササイズを行います。

両手の中指同士をつけて、左右の手でふすま(和式の扉)を作り、その手を肋骨に当てます。

息を吸うと、肋骨が左右に広がります。吐きながら、左右の肋骨(手の扉)を寄せていき、できるだけ肋骨同士が寄るようにします。

その際、猫背にならないように、背骨はまっすぐに保ちましょう。

背中の筋肉はゆるんで面積が広がるイメージです。

何度も呼吸と一緒に繰り返して、習慣になるように練習しましょう。

息を吐いたときの、上腹の筋肉が使われている感覚を覚え、肋骨が開いて緊張しそうになった時に、実践してみましょう。

 

いかがでしたか?この呼吸法は、ピラティスで行う「ラテラル胸式呼吸」と言います。

 

【関連記事はこちら】

【痩せ筋トレ】胃のポッコリを引っ込める!肋骨あみ込みエクササイズ【動画】

美容系ヨガ《お腹引き締め・しわ予防・凝りストレス予防》紹介【動画あり】

【骨盤のゆがみを取る】わき腹の筋肉のバランスを取るエクササイズ3選!【動画あり】

 

普段は、ピラティスのレッスンで実践しています。

オンラインレッスンのスケジュールはこちら

気軽にお問合せお待ちしております。

国立・国分寺のヨガ・ピラティス教室 RepureBODY美宅玲子

 

レッスンで実際に体感してみたい方はこちらからどうそ。オンライン可能なクラスもあります。

 

お問い合わせ・メッセージ