コラム

column

「体を柔らかくしたい!」大人の柔軟性アップに大切なこと☆

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2020.07.03

「体を柔らかくしたい!」大人の柔軟性アップに大切なこと☆

 

 

うさぎ大人が目指す、柔軟性とは

 

 

「体を柔らかくしたい」

 

漠然とそう言った時、どんな状態を思い描きますか?

 

 

ピンクハート前屈をして、つま先に手が届く?

ピンクハート開脚で180度近くいって、前屈ができること?

ピンクハート運動する時に、突っ張ったり痛みを感じたりしないこと?

ピンクハート肩こりや腰痛などがない状態?

 

 

今回は、大人が目指したい理想の柔軟性について、ご紹介します。

 

 

どこまで前屈できるようになりたいかは、人それぞれなので

そういうことではなくて

快適で、動きやすくケガをしない、柔軟性のイメージとは

どんなものなのかを、お伝えします。

 

 

 

うさぎ赤ちゃんの柔軟性

 

 

「私は生まれつき体が硬くて。」と言う人がいますが

誰でも赤ちゃんの頃は、体がふにゃふにゃです。

 

エビぞりになったり、足をなめたり、とにかく自由自在です。

 

 

ですが、赤ちゃんは、足腰の筋力がまだ弱く

歩いていても転んでしまったりします。

 

 

骨も完全には出来上がっていないので、芯がまだない感じで

ぐにゃぐにゃで、ありえない方向に姿勢が崩れることがよくあります。

 

 

大人は、骨も硬化しているし、体も大きいし、筋肉もあるし

体重もあるので、赤ちゃんのようなふにゃふにゃの状態には無理があるし

芯がないふにゃふにゃな体で転んだら大けがです

 

 

 

うさぎ体幹・芯のある体で自由に動く

 

 

大人の場合、体が大きいので、胴体も手足も重たいです。

 

 

なので、ケガをしないためには

体の中でどこか『安定させる』部分を作って、コントロールできるようにしておき

その他の関節に『自由さ・柔軟性』をつくる

 

 

というのが、大人の理想の柔軟のあり方です。

 

 

例えばすぐ上のエアリアルサップヨガの場合

ぐにゃぐにゃに柔らかい体だと、開脚をしたままポーズを止めることができません。

 

 

体幹や内ももなどを、筋肉を使って姿勢を安定させながら

手足をコントロールしつつ開いていきます。

 

 

最低限、姿勢を安定させる筋力は必要です。

体幹が安定すると、股関節や肩関節は、安心してクルクル動かすことができます。右矢印関節の柔軟性アップ

 

 

家・家族という安心基地があるから、子供が気にせずのびのびと遊びに行けるのと同じですニコニコ

 

 

 

この紫陽花の写真も

腹筋を使って、腰椎を安定させて守るからこそ

胸椎で反り、股関節をストレッチすることができます

 

 

大人は、全身をすべてふにゃふにゃにするのではなくて

安定させるところ、姿勢をキープする部分をしっかり持つことが大切です。

 

 

そうすれば、それ以外の関節の柔軟性を集中して上げることができます。

このピラティスは、体幹を安定させて、手足を自由にする運動ですね。

 

 

具体的にはまた、個々の記事でご紹介すると思います。

基本的な大人の柔軟の考え方でした。

 

レッスンで質問したい方・実感したい方は

右矢印オンライン含むレッスンスケジュールはこちら乙女のトキメキ

 

国立・国分寺のヨガ教室RepureBODY 美宅玲子

お問い合わせ・メッセージ