コラム

column

後ろで合掌できるようになる!【ヨガ】つるのポーズのコツ【動画】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2020.06.19

後ろで合掌できるようになる!【ヨガ】つるのポーズのコツ【動画】


■後ろで合掌するヨガのポーズ


 

ヨガのポーズのいくつかには、後ろで合掌するものがあります。

後ろで合掌できるようになりたいと思ったことはありませんか?

普段しない腕の位置と動きなので、最初は思うように腕が後ろにいかない方もいるかもしれません。

今回は、段階を追ってそれを達成する方法をご紹介します。

 


■後ろで合掌するまで


①後ろで指先下向きで合掌する

まず、お尻の近くで、指先を下にして合掌してみましょう。これは比較的行いやすいです。

こうして、最初からひとっとびにやろうとせず、余分な肩の力を抜いて、脳がリラックスするようにすることが大切です。

 

②指先を背中に向けて合掌する

少しハードルが上がりますが、①で合掌したまま、指先を背中の方へ向けていきます。

手のひら同士をしっかりとつけたまま、背中の下の方で構いません。

③指先を上に向けて合掌する

①②ができて初めて、行います。肩甲骨周りの柔軟性がポイントです。

2つほど前のコラムに書いた「後ろで手をつなげるようになる」ストレッチも有効です。

 


■ストレッチを進めるうえでのポイント


 

他のストレッチもそうですが

伸びない、開かないものを無理やり押していけば

伸びる、開くようになるのでしょうか?

 

 

無理やり動かすと、筋肉がねじれたり、骨に挟まったり

そもそも体にとっては不快でしかないので、拒絶反応で硬くなります。

ストレスですね。

 

 

根元から油をさしてねじを回すように

ゆっくりなじませて、段階を追って進んでみましょう。

 

▽▽レッスンはこちら▽▽

▽▽オンラインレッスンはこちら▽▽

▽▽レッスン風景はこちら▽▽

▽▽お客様の声はこちら▽▽

国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
1970.01.01
国立、国分寺のヨガ教室「Repure BODY」
https://mitakureiko.com/voice/
国立、国分寺でヨガ・アウトドアヨガを始めたい方は「Repure BODY」へお越しください

国立・国分寺のヨガ教室RepureBODY 美宅玲子

お問い合わせ・メッセージ