コラム

column

バキバキ!鉄板のように硬い腰を柔らかくゆるめるボールストレッチ【動画付き】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2021.03.15

バキバキ!鉄板のように硬い腰を柔らかくゆるめるボールストレッチ【動画付き】

こんにちは。美姿勢&ヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。

腰に鉄板が入ったようにバキバキに硬くなっている方はいませんか?

例えば、膝を抱えて前後にコロコロと転がる、マット運動のような動作をしようとしても、まったく転がらない。

腰は平らで、「転がる」というよりバタンと音を立てて「倒れる」に近い衝撃。

うんともすんとも言わない腰を柔らかく丸められるように、筋肉をゆるめる楽な方法をご紹介します。

 

●鉄板のように硬い腰の位置と理由

バキバキに硬い腰は、骨盤の少し上の「腰椎」という部分の筋肉です。

腰の筋肉を緊張させ、少し反るようにすることで、姿勢を維持するくせがあると、筋肉が緊張したまま硬くなってしまいます。

腰椎部分を丸めることで、腰の筋肉はストレッチされるのですが、あまりに硬くなりすぎると、筋肉はゆるむことを忘れてしまい、丸めることができなくなります。

理想的な筋肉は伸びもするし縮みもする、弾力性がある状態です。縮みっぱなし、伸びっぱなしで動かないのは、硬くなっています。

 

●ストレッチポーズではなく、筋肉を柔らかくするポイント

丸めるストレッチができなくなった腰の筋肉を、どうやって柔らかくするかですが

「もの」に体重を「委ねて脱力」することで、筋肉をゆるめてみましょう。

特に、今回使う柔らかいボールは、柔らかいため、より安心感があり筋肉の緊張をゆるめやすくなります。

 

仰向けになり、仙骨の下に柔らかいボールを置いて、両膝を曲げて抱えます。

腰の力を抜き、腰が重たく重力で地面に近づくイメージで腰椎の間が少しずつ広がっていきます。

力を抜けば抜くほど、重たい腰が地面に近づき、筋肉がゆるんで広がる感覚を味わえます。

 

 

物に乗ることで、力で膝を引き寄せる必要もなくなり、完全に身体の重みを委ねリラックスするほど伸びるという状態になれます。

筋肉が硬い人は、ストレッチをしようとしても体が動かないため、反動を使ったり、力を使ったりしてストレッチをしがちです。

しかし、ボールに乗ることで、膝を引き寄せるのに力を入れる必要もなくなり、筋肉が柔らかくなるひとつの条件である「リラックス・脱力」が可能になります。

動画と一緒にどうぞお試しください。

 

レッスンで体験してみたい方は、ボールを使ったレッスンができる「国立ピラティスクラス」をおすすめします。

腰が硬い・痛いのを解消するエクササイズDVDはこちら

 

 

お問い合わせ・メッセージ