コラム

column

【胃がポッコリ】肋骨・あばらが広がる理由と予防法2選|ピラティス【動画あり】

  • 身体・姿勢・健康に関するコラム
  • 2023.01.15

【胃がポッコリ】肋骨・あばらが広がる理由と予防法2選|ピラティス【動画あり】

■著者:美宅玲子(ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター)HP: https://mitakureiko.com

 

-胃の周りがポッコリしている

-肋骨が開いている気がする

気になったことはありませんか?

おへそ周りではなく、胃の部分がポッコリするのはなぜでしょうか?

どのように予防したらいいでしょうか?

 

肋骨が開くのは、実は肋骨だけでなく背中が緊張しているからです。

背中の緊張と胃のポッコリはどう関係している?

また胃のポッコリを解消するエクササイズを、ピラティスの呼吸法からご紹介します。

 

▼目次

① 肋骨が開く・胃が出る原因2つ

② 肋骨を締める・胃を凹ませるには

③ 肋骨を締める・胃を凹ませる呼吸法・エクササイズ

 

① 肋骨が開く・胃が出る原因2つ

肋骨が開き、胃が出る原因は2つあります。

 

1)肋骨を持ち上げる「肋間筋」が緊張している

肋骨の間にあって、息を吸う時に肺を広げるために使われる「肋間筋」。

それがゆるまずに、息を吐く時もずっと緊張したままになっている(吸ったままの形)

それが普通の姿勢になっているということです。

 

息を吸ったままの形では、息を吸う時の自律神経・交感神経が優位な状態が続きます。

精神的にも筋肉的にも緊張した状態が続いています。

 

2)背中の筋肉が緊張している

胃が出るのは、胃の周りの腹筋がゆるんでいるということです。

胃の周りの腹筋がゆるむのは、その裏側にある背筋が緊張しているからです。

背骨周りの背筋が緊張するのも、交感神経の緊張と関係があり、精神的にも筋肉的にも緊張した状態が続いています。

 

【関連記事】【ぽっこり胃を引っ込める】肋間筋・呼吸トレーニング|吐く時の”コツ”【動画あり】

 

② 肋骨を締める・胃を凹ませるには

胃の周りの腹筋がゆるむのは、その裏側にある背筋が緊張しているからと説明しましたが

私たちの筋肉は、裏側同士にある筋肉(拮抗筋)がバランスを取って姿勢を作っています。

 

例えば、肘を曲げる時は力こぶの筋肉(上腕二頭筋)が縮み、二の腕の筋肉(上腕三頭筋)がゆるみ

肘を伸ばす時は、二の腕の筋肉が縮み、力こぶの筋肉が緩みます。

力こぶの筋肉と二の腕の筋肉は、拮抗筋の関係にあります。

 

ですから、肋骨を締める・胃を凹ませるように腹筋を縮めるには、その裏側の拮抗筋である背筋をゆるめる必要があります

背筋が緊張したままだと、胃を凹ませる腹筋を縮めることができないのです。

胃を凹ませながら、背中をゆるめるという意識が大切です。

 

③ 肋骨を締める・胃を凹ませる呼吸法・エクササイズ

では、肋骨を締め、胃を凹ませるためのエクササイズ・呼吸法をご紹介します。

●肋骨に手をカバーするように添えて、肋骨が左右に広がるように息を吸います

※肋骨が前に開いたり、肩が上がったりするのではなく、引き戸が開くように。

息を吐きながら、左右に広がった肋骨同士を寄せて、胃を引っ込めていきます。

その際、背中の筋肉が緩み、面積が広がるイメージを持ちます。

 

●椅子の背もたれや壁に背中を寄りかからせ(お尻も後ろにつける)息を吸って

吐きながら、胃の裏側を背もたれや壁に押し付けるようにしてみましょう。

胃を凹ませ、肋骨を寄せる筋肉が使われます。

 

【関連記事】【痩せ筋トレ】胃のポッコリを引っ込める!肋骨あみ込みエクササイズ【動画】

 

動画でチェックしてみましょう。

 

いかがでしたか?胃が出て背中が緊張すると、反り腰から腰痛になることもあります。

胃を突き出したり背中を緊張させたりするクセに気づき、背中を緩めながら肋骨同士を寄せる感覚を、ニュートラルにして

身体の前後の筋肉のバランスを整えたいものです。

 

【関連記事】【胃・下腹ひっこめる】ピラティス・胸式呼吸|骨盤底引き締め・ネイブルトゥスパイン【動画あり】

 

このエクササイズは、主にピラティスクラスで行っています。※オンラインもあり

ご相談や、レッスンで実践をしたい方は

 

■オンラインレッスンはこちら

友だち追加

 

■インストラクターによる他の動画を見る(Youtubeチャンネル)

https://www.youtube.com/channel/UCdlLFLUjGvyTeCGuDTU6SjQ

お問い合わせ・メッセージ